ウーマン

便利なオールインワンゲルはランキングを見て選ぶ

明るい肌を手に入れる

レディー

水溶性と油溶性の成分

高い美白効果が望めるビタミンc誘導体は、ビタミンc本来の成分を壊すことなく肌内部まで届けることができます。化粧品に配合されているビタミンc誘導体は、水溶性のものと、油溶性の性質を持ったものがあります。水溶性のものは即効性に優れ、早く肌に浸透させることができます。多くの化粧水に配合されており、洗顔後に使用することでしっかり浸透してくれます。油溶性のものとしては、クリームやジェル状の化粧品に配合されています。肌に長くとどまることができるため、時間をかけてじっくり浸透します。また、ビタミンc誘導体に改良を加えてさらに浸透性を増した、appsと呼ばれる成分も存在しています。この成分は、ビタミンc誘導体の100倍の浸透力があると言われ、主に化粧水に配合されています。

乾燥肌に使用するには

ビタミンc誘導体はシミのケアなど、美白効果が期待できる成分ですが、乾燥肌に使用する場合は注意が必要です。特に、皮脂を抑える働きがあるため、乾燥肌に使用するとピリピリとした刺激を感じることもあります。肌には角質細胞をつなげている、セラミドという成分が存在しており、刺激が加わると肌荒れを引き起こしてしまいます。乾燥肌の方がビタミンc誘導体の化粧品を使用する場合は、濃度が低めのものから選んでいくことが大切です。また、乾燥肌対策として、保湿効果のある化粧品と併せて使用することで、肌の水分を維持しながら使用できます。ビタミンc誘導体は様々な化粧品に配合されており、自身の目的に合わせて選ぶことで、より効果的に使用していけます。